現在ログインしていません。
新規アカウント作成
ログイン

ツールボックスでコードブロックを保持する

Visual StudioツールボックスGUIのデザイン時に配置する部品を保持するパレットとして使うことが多いです。 しかし、GUIの部品だけでなくVBC#などプログラムのコードブロックをツールボックスに登録し、ソースコードに貼り付けることもできます。

ソースコード編集時に、保存したい文字列を選択して、ツールボックスにドラッグ&ドロップしてみましょう。 文字列は何行でも選択できます。 その文字列をソースコードに挿入したいときは逆にツールボックスからテキストエディタにドラッグ&ドロップします。

ソースコード以外のweb.config, app.configなどでも同じことができます。 よく使う忘れやすいコードブロックを登録して作業の効率を上げましょう。

TextsInToolbar

私は人前でデモをするときなどにこの機能をよく利用します。

  • 削除・編集したいときはツールボックス上でその項目を右クリックします。
  • デフォルトでは「全般」タブしかありませんが、タブを追加して項目を分類することもできます。
  • これらの項目はテキストエディタ使用時にのみ表示されます。GUI編集時には非表示になります。