現在ログインしていません。
新規アカウント作成
ログイン

Visual Studio 2019をオフラインでインストールする方法

Visual Studio 2019を普通にインストールするにはインターネットにつながったオンラインの環境が必要です。

しかし、Visual Studio 2019はオフラインのインストールにも対応しています。下記の記事で説明されています。

https://docs.microsoft.com/en-us/visualstudio/install/create-an-offline-installation-of-visual-studio?view=vs-2019

なお、Communityエディションをアクティベートする際にはインターネット接続が必要です。そのためCommunityエディションに限ってはオフラインでインストールした後で30日以内にアクティベートしないとVisual Studioは使用できなくなります。

この記事によると、オフラインと言っても2種類あります。

種類1.インターネットにも接続できる特定のマシンで、インストールはオフラインで行いたい

たとえば、ノートパソコンで自宅ではインタネット接続できるけど、職場ではインターネット接続できないような場合。でも、インストールは職場で行いたい。

この場合、インターネットに接続できる環境で、途中まで普通にインストールし、ワークロード選択画面で「すべてダウンロードしてからインストールする」(日本語訳がよくわかりません。英語では「Download All then install」)を選択し、ダウンロードまではインターネット環境で実行しておく。

あとは、オフライン環境でもダウンロードしたものを使ってインストールできるということのようです。

種類2.インターネットに接続していない複数のマシン向けにオフラインでインストールしたい。

このケースが多いと思います。 まず、代表でインターネットに接続できる端末が1つは必要です。

下記に手順を書きますが、私は実際にやって試したわけではありません。通常のオンラインでのインストールをやった経験で上述のドキュメントを基に書いています。公式の英語版ドキュメントを直接読んだほうが早いようでしたらそうしてください。

手順1.ブートストラップダウンロード

インターネットに接続できる端末でブートストラップをダウンロードします。

Visual Studio Community 2019 向けブートストラップ

Visual Studio Professional 2019 向けブートストラップ

Visual Studio Enterprise 2019 向けブートストラップ

手順2.ローカルインストールキャッシュの作成

下記コマンドでローカルインストールキャッシュを作成します。

ブートストラップexe --layout キャッシュを作成するパス --add インストールする機能1 [--add インストールする機能2]... --includeRecommended --lang Ja-jp
■リスト1:

ブートストラップexeはEditionにより異なります。次のどれかです。

  1. vs_community.exe
  2. vs_professional.exe
  3. vs_enterprise.exe
キャッシュを作成するパスはローカルのフォルダーを指定します。一般的な構成の場合20GB~50GBの空き容量が必要です。すべてをインストールしようとする場合、210GB以上の容量は必要そうです。

インストールする機能には、ワークロードまたはコンポーネントをIDで指定します。 ワークロードやコンポーネントはGUIのオンラインインストーラーでもインストール時に指定するもので、ASP.NET と Web 開発、Azure の開発、.NET デスクトップ開発などです。

ワークロードのIDとコンポーネントのIDはエディション別に以下のサイトに記載されています。

https://docs.microsoft.com/en-us/visualstudio/install/workload-and-component-ids?view=vs-2019

--includeRecommendedは、指定されたワークロードに対応する推奨のコンポーネントをインストール対象とすることを示しています。ワークロードに関連付けられたすべてのコンポーネントをインストールするには--includeOptionalを指定します。

最後の --lang は言語です。

コマンドの詳しい解説は下記に記載されています。

https://docs.microsoft.com/en-us/visualstudio/install/use-command-line-parameters-to-install-visual-studio?view=vs-2019

例 Professionエディションで、ASP.NET と Web 開発、Azure の開発、.NET デスクトップ開発の3つを有効にしたい場合、コマンドラインは次のとおりになります。

vs_professional.exe --layout c:\vslayout --add Microsoft.VisualStudio.Workload.CoreEditor --add Microsoft.VisualStudio.Workload.Azure --add Microsoft.VisualStudio.Workload.ManagedDesktop --add Microsoft.VisualStudio.Workload.NetWeb --includeRecommended --lang Ja-jp
■リスト2:

Microsoft.VisualStudio.Workload.CoreEditorはひょっとしたら不要かもしれませんが、これがないとVisual Studioでソースコードの編集ができないのかなと少し不安です。

手順3.インストール

ローカルキャッシュにインストーラーが生成されているので、コマンドで実行します。 おそらくこのローカルキャッシュをVisual Studioをインストールしたいマシンに配布することでオフラインインストールが可能になるのかと思います。

インストールコマンドはローカルキャッシュを作成したコマンドと同様に、ワークロードIDとコンポーネントIDを指定します。

インストールコマンド

インストーラーexe --add インストールする機能1 [--add インストールする機能2]... --includeRecommended
■リスト3:

インストーラーexeの名前はブートストラップと同じです。

そのため、上記のProfessionalエディションでローカルキャッシュを作成した例をインストールするコマンドは次の通りです。

c:\vslayout\vs_professional.exe --add Microsoft.VisualStudio.Workload.CoreEditor --add Microsoft.VisualStudio.Workload.Azure --add Microsoft.VisualStudio.Workload.ManagedDesktop --add Microsoft.VisualStudio.Workload.NetWeb --includeRecommended
■リスト4:

参考

初心者向けのVisual Studio 2019インストール方法

Visual Studio 2019 インストールの手引き