現在ログインしていません。
新規アカウント作成
ログイン

Visual Studioをバイナリエディターとして使う

Visual Studioの編集機能は多彩でいろいろな種類のファイルを編集できます。ここではバイナリーエディターとしてVisual Studioを使用する方法を紹介します。

プロジェクトは開いていても開いていなくてもかまいません。Visual Studioのファイルメニューから[開く]-[ファイル]を選択します。

そして、開きたいファイルを選びます。ここではソリティアの本体である Solitaire.exe[1] を例にします。

ファイルを開くときに開くボタンが展開できるようになっています。

Solitaire.exeを開く

「ファイルを開くアプリケーションの選択」で、エディターを選択できます。

VSでファイルを開くエディターを選択

バイナリーエディターを選択してOKをクリックすると、このようにVisual Studioをバイナリエディターとして使うことができます。

VSでバイナリエディター

なお、エディターを選択しないでデフォルトのOKボタンをクリックすると、EXEファイルの場合、中に含んでいるリソースを見ることができます。

VSでSolitaire.exeを開いたところ

ダイアログメニューアイコンなどのリソースはダブルクリックすると内容を確認することもできます。

参考

  1. ^ Windowsのバージョンによってソリティアのファイル名が異なる場合があります。またソリティア自体がインストールされていない場合もあります。